卵子提供、代理出産、
着床前診断の専門エージェント
IMC:International Medical Center

着床前診断プログラムとは

着床前診断プログラムの費用について

海外での治療プログラムにご参加される場合、一番気になるのは費用のことではないでしょうか?
IMCでは、常に費用について明確にし、有意義な治療を受けられるようにすることを最優先させながらも、ご夫婦の金銭的な負担を最小限に抑えられるよう最善の努力をいたしております。

IMC不妊治療プログラムの費用をご提示する際、まずはごく一般的な費用の目安と出費の概要をご案内します。その後、正式にご契約のお申し込みを頂いた際に、そのご夫婦の特定なケースに添って更に具体的な費用の目安をご用意いたしますのでご安心して治療に臨んでいただけます。

「着床前診断プログラム」費用の目安・出費の概算

IMCより費用のご案内をする際には、以下のタイプの出費について総合的にご案内いたしております。

1. ご夫婦が直接支払先へお支払いになる費用(例:医療施設・検査機関・旅行代理店等)
2. ご夫婦がIMCを通して支払先へお支払いになる費用(例:ラボラトリー費用、検査費用)
3. ご夫婦がIMCに対して支払う費用(例:手数料、立替金等)

つまり、ご提示する総費用の目安金額は、日本在住のご夫婦がハワイ・タイのにおいてのプログラムにご参加され、治療を終了される前に発生すると思われる出費の総額となっており、それらの出費の中には、ご夫婦が独自にご手配されて直接先方に支払う項目や、IMCを通してお支払いいただく項目なども含まれている、ということになります。
ですから、例を挙げますと、ご夫婦が独自に航空券をご手配なさった場合など、航空券代金の重複請求などは発生いたしませんのでどうぞご安心ください。

着床前診断プログラムに、日本在住のご夫婦が参加される場合、個々のケースにより実際の金額は大きく異なります。異なる理由は、どのような遺伝子疾患について調べるのかによって、ラボラトリー費用や必要となる事前検査や遺伝子カウンセリングの内容が大幅に異なるからです。ここでは、ごく大まかな総費用の目安をご案内しますが、着床前診断ご希望の方の場合は、個々のケースについて正式な契約のお申し込みを頂いた後に詳細ご相談させていただきます。

支払い項目の例

医療費・検査費・技術料、ラボラトリー費用、遺伝子カウンセリング費用、薬剤代金、心理カウンセリング費、コーディネート手数料、航空券代金、宿泊費等

総費用の目安

一回の体外受精・着床前診断・胚移植が終了するまでの過程で、およそ350万円から450万円以上。(プログラムの進行状況に添って、何度かに分けてお支払いいただきます。)

特記事項

初回新鮮胚での妊娠成立が見られなく二度目の挑戦が必要な場合で、初回移植した新鮮胚の他、余剰胚が得られていれば、それらの余剰胚を凍結保存し二度目以降のサイクルに使用することが可能です。そのような二度目以降の凍結・解凍サイクルにおいての費用は、医療費・渡航費・手数料等を含め、一般的には80万円程度が目安となります。

(男性不妊治療も合わせて必要な場合は、別途お問い合わせください。)